津山市城東

―津山市城東―
つやましじょうとう

岡山県津山市
重要伝統的建造物群保存地区 2013年選定 約8.1ヘクタール


 岡山県北部、四方を中国山地と吉備高原によって取り囲まれた津山の地は、山陰地方と山陽地方を結ぶ交通の要衝に位置している。それ故、奈良時代には国府や国分寺が置かれるなど、古代より美作地方の中心地として栄えてきた。江戸時代に入ると鶴山(かくざん)と呼ばれる丘に津山城が築かれ、以降は津山藩の城下町として発展する。津山城の東側、宮川に架かる大橋を渡った旧出雲街道沿いには、約1.2キロメートルに渡って橋本町、林田(はいだ)町、勝間田(かつまだ)町、中之町、西新町、東新町とかつての城下町の町人地が続いている。そこでは今もなお、江戸時代中期から昭和初期にかけて建てられた町家が建ち並んでおり、かつての城下町の風情を今に伝えている。




江戸時代の町家が良好に残る、勝間田町の町並み

 江戸時代に入った慶長8年(1603年)、森蘭丸こと森成利(もりなりとし)の弟にあたる森忠政(もりただまさ)が美作国に入封した。忠政はそれまで鶴山と呼ばれていた地名を津山と改め、室町時代に守護大名の山名氏が築いた鶴山城の跡地に津山城を築城する。同時に城下町の整備や街道の整備も進められ、津山藩の基礎が固められた。津山城はその南に吉井川が流れ、東は宮川、西は藺田川(いだがわ)によって取り囲まれた、まさに天然の要害と言うべき場所に位置している。忠政はそれらの川を外濠とし、さらには城の南、西、北に内濠を巡らして縄張りを築き上げた。内濠の内側と吉井川沿いには武家地を配し、そして城下を東西に横断する出雲街道沿いには町人地を整備した。




宝暦2年(1752年)の主家を持つ苅田酒造の横路地風景

 旧出雲街道の町人地の中で、最も旧態を残しているのが保存地区に選定された城東地区である。津山城の築城当初、城下町の範囲は橋本町から勝間田町までであった。その後に東へと拡張され、寛永3年(1628年)には東新町までの範囲が城下町とされた。なお、これら町人地の北側には武家町の上之町、さらにその北の山裾には寺町が築かれた。大橋を渡ったすぐの橋本町、および中程の中之町、東端に位置する東新町の三ヶ所には、通りの見通しが利かないよう道をクランク状に曲げた枡形が設けられ、またそれぞれの枡形付近には関貫(かんぬき)と呼ばれる木戸門も置かれ、城下の防衛能力を高めていた。現在、関貫は取り払われたものの、枡形はいずれも現存している。




苗字帯刀を許されていた豪商、旧梶村邸の庭園

 町家の敷地は出雲街道に沿って短冊状に割られ、現在もほとんどの家が城下町時代の地割をそのまま踏襲している。間口の規模は二間から四間が一般的だが、中には十間を越える規模の大きな商家も存在する。奥行きは17間でほぼ統一されているが、南に吉井川が迫る中之町や西新町では奥行きがやや浅い。町家の形式は切妻造の平入が基本であり、二階部分の立ちが低い厨子二階建のものが多い。一階部分の表構えは出格子をはめ、下部を簓子(ささらこ)下見板張りとするのが一般的であるが、古くは入口を大戸とし、蔀戸を吊るのが普通だったという。二階部分は虫籠窓、あるいは一階部分と同様に出格子をはめる。袖壁を備え、意匠に海鼠壁を用いている家も多い。




東新町の枡形付近には屋根に煙出しを備えた鍛冶屋が多い

 城東地区は伝統的建造物の密度が高く、歴史あるたたずまいの町並み景観を形成している。その中でも特に勝間田町は古い町家が多く、宝暦2年(1752年)に建てられた主屋を持つ苅田酒造や、大正7年(1918年)に建てられた旧河野医院など、見栄えのする家屋が散見される。また東新町の界隈には鍛冶屋であった家が多く、切妻の小屋根が乗る煙出しを備えた町家を多数目にする事ができる。かつては津山に26軒の鍛冶屋があったというが、現在は「本家忠兵衛鎌製造元」と「忠兵衛鎌製作所」の2軒のみであり、包丁や鎌などを作成しているという。津山で作られる鎌は作州鎌として著名であり、優れた切味と耐久力を持つ良品として西日本を中心に流通してきた。




他の町家と共に並ぶ、箕作阮甫の旧宅(手前)

 また西新町には、幕末に活躍した蘭学者、箕作阮甫(みつくりげんぽ)が13歳の時まで過ごした旧宅が残されている。阮甫は藩医として藩主に同行して江戸へと赴き、同じく津山藩医の出である蘭学者、宇田川玄真(うだがわげんしん)の元で蘭学を学ぶ。その後に幕府天文台の翻訳員となり、嘉永6年(1853年)にアメリカ合衆国使節のペリーが来航した際には米大統領国書を翻訳にあたり、また同年、ロシア使節のプチャーチンが来た時には長崎へと赴き外交書簡の翻訳にあたった。後の文久2年(1862年)には幕臣に取り立てられている。阮甫が残した著訳書は幕末の蘭学の発展に大きな影響を与えた事から、その旧宅は国の史跡に指定されている。

2009年05月訪問




【アクセス】

JR姫新線「津山駅」より徒歩約20分。

【拝観情報】

町並み散策自由(ただし、住民の迷惑にならないように)。

【関連記事】

津和野町津和野(重要伝統的建造物群保存地区)
郡上市郡上八幡北町(重要伝統的建造物群保存地区)