厳島神社社殿

―厳島神社社殿―
いつくしまじんじゃしゃでん

広島県廿日市市
国宝 1951年指定


 瀬戸内海に浮かぶ厳島、その北西に開く、入り江の最も奥まったところに浮かぶ朱塗りの社殿、それが厳島神社である。宗像三神を本尊とする厳島神社は、社殿をあえて海の上に建てるという、他に類を見ない極めて特異な建築スタイルを持つ。海から見るその海上神殿は、厳島の御神体として崇められる弥山(みせん)と一体を成して優れた宗教景観を作り出し、平安時代の信仰のあり方を今に伝えている。




早朝の厳島神社本社社殿

 厳島は古代より島全体が信仰の対象として崇拝されていた神の島であった。そこに社が建てられたのは推古天皇元年(593年)。安芸の有力豪族であった佐伯鞍職(さえきのくらもと)が神託を受け社を建造し、初代神主となったと伝わっている。その後、平安時代の仁安3年(1168年)、厳島への信仰が篤かった平清盛の援助を得て回廊で結ばれた海上社殿を造営し、厳島神社は現在に見られるような姿となった。平家が滅亡してからも権力者の信仰を集め続け、厳島神社は現在まで存続してきた。




本社拝殿(左)と本殿(右)
本殿の周囲は玉垣と呼ばれる柵で覆われている

 厳島神社の建造物は、海上に浮かぶ本社と複数の摂社、能舞台などの付随建造物とそれらを繋ぐ回廊などから成る。そのうち厳島神社本社の本殿、幣殿、拝殿、祓殿、摂社である客(まろうど)神社の本殿、幣殿、拝殿、祓殿、および東回廊と西回廊の計6棟が国宝指定を受けており、残りは全て重要文化財だ。本社は平安時代の寝殿造りとなっており、本殿と拝殿、それらをつなぐ幣殿、および拝殿の前に設けられた祓殿が一直線上に配される作りとなっている。そしてそれらの延長線上には厳島の象徴とも言える、16メートルの大鳥居がそびえ立つ。




客神社拝殿前を経て本社祓殿へと繋がる東回廊

 前述の通り、厳島神社が今のような海上スタイルになったのは仁安3年(1168年)だが、その時に建てられた建造物は火災で焼失しており、現在のものは仁治2年(1241年)に再建されたものがベースとなっている。ただし本社本殿のみ、永禄12年(1569年)に血で穢れたため、毛利元就が元亀2年(1571年)に建て直したものとなっている。また、現在の大鳥居は八代目であり、明治5年(1875年)のものだ。他にも、厳島神社は波風によって痛みやすいその性質上、幾度となく修理補修を受け、維持されてきた。




高舞台、本社祓殿を正面より見る

 本社祓殿の前には板張りの平舞台が設けられており、その中央には黒漆塗りの基壇に朱塗りの高欄を持つ高舞台がある。これは舞楽の奉納が行われる舞台であり、大きさは横幅約5.2メートル、奥行き約6.4メートル。舞楽の舞台としては最小であるという。他にも平舞台上には二棟の楽房、門客神社本殿がそれぞれ左右対称に配されており、平舞台、高舞台と共に、本社の附けたりとして国宝に指定されている。また、高舞台の両脇には青銅製の狛犬が置かれているが、これらは雄雌のシンボルがはっきり形作られており非常に珍しい。




客神社の社殿と、その背後にそびえる千畳閣および五重塔

 摂社客神社もまた本社と同様に本殿、幣殿、拝殿、祓殿が一直線上に配されているが、本社と直行する向きに建てられており、背後には弥山ではなく末社豊国神社本殿(千畳閣)や五重塔を望むことができる。千畳閣はもともと豊臣秀吉が戦死者の慰霊の為に立てた大経堂であるが、秀吉が死去したため工事が中断され、天井や畳が無いなど内部が未完成のままとなった。寺院建築であるが、明治の神仏分離により五重塔と共に厳島神社に帰属され、秀吉を奉る豊国神社となって今に至る。

2009年02月訪問




【アクセス】

JR山陽本線「宮島口駅」から「宮島口桟橋」まで徒歩約5分、または「広電宮島口駅」から「宮島口桟橋」まですぐ。

「宮島口桟橋」から「宮島桟橋」まで連絡船で約10分、「宮島桟橋」から「厳島神社」まで徒歩約15分。

【拝観情報】

拝観料300円、拝観時間6時30分〜18時(冬季は6時30分〜17時)。

【関連記事】

厳島(特別史跡、特別名勝)