尖石石器時代遺跡

―尖石石器時代遺跡―
とがりいせきせっきじだいいせき

長野県茅野市
特別史跡 1952年指定


 長野県と山梨県の境にそびえる八ヶ岳の西山麓。険しい山々をいただき、恵まれた自然を有するこの地には、遥か昔より人々が生活を営んでいた。付近からは、旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡が数多く発見されており、その中でも、尖石遺跡は八ヶ岳山麓を代表する縄文時代中期の大規模集落遺跡として知られている。




現在、尖石遺跡はこのような原っぱとなっている

 尖石遺跡は、縄文時代の集落研究が初めて行われた集落遺跡である。明治25年(1892年)に発見されたこの遺跡は、昭和5年から宮坂英弌(みやさかふさかず)氏によって本格的な発掘調査が開始され、その結果33の竪穴式住居跡が発見された。この尖石遺跡の発見により、縄文時代にも人々はムラを作って生活していた事が証明された。




尖石第33号住居跡
後ろに見えるのは尖石縄文考古館

 それ以降も発掘調査は続き、現在尖石遺跡周辺からは180以上もの住居跡が発見されている。しかしながら、いまだそのすべての場所には手が及んでおらず、全てを調査すると住居跡の数は300以上にもなるだろうと言われている。なお、遺構保護の為、発掘された住居跡は現在全て埋め戻されている。




尖石遺跡の名の元となった尖石

 尖石遺跡の外れには、三角錐の形した安山岩の岩がある。このまるで地面から突き出てきたような岩は、古くから地元の人々に「とがりいしさま」と呼ばれ、祀られてきた。尖石遺跡という名もこの岩から取られたものだ。この岩の右肩には人工的な磨り跡が見られるが、これは縄文時代の人々が磨製石斧を作る際に砥石として利用した痕であるとも言われている。




住居が復元されている与助尾根遺跡

 尖石遺跡より道路を挟んだ向かいには、与助尾根遺跡がある。尖石遺跡同様、与助尾根遺跡もまた縄文時代中期後半の集落跡であり、そこからは28の竪穴式住居が発見されている。現在与助尾根遺跡では6つの竪穴式住居が復元され、当時のムラの雰囲気を垣間見ることができる。なお、この与助尾根遺跡もまた、 1993年尖石遺跡の一部として特別史跡に追加指定された。




尖石縄文考古館が所蔵する国宝土偶「縄文のヴィーナス」

 尖石遺跡のすぐ側には尖石縄文考古館がある。ここには、八ヶ岳山麓の先史時代遺跡から発見された数多くの出土品が展示されている。中でも、棚畑遺跡から出土した国宝土偶「縄文のヴィーナス」や、中ッ原遺跡から出土した重要文化財土偶「仮面の美女」は、ほぼ完全な形で見つかった土偶として極めて貴重である。

2007年04月訪問




【アクセス】

JR中央線「茅野駅」より諏訪バス「奥蓼科渋の湯行き」、または諏訪バス「メルヘン街道バス」の一部で約20分、「尖石縄文考古館バス停」下車すぐ。

【拝観情報】

拝観自由。

尖石縄文考古館は拝観時間が9時〜17時、拝観無料。
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始休館。

【関連記事】

三内丸山遺跡(特別史跡)
大湯環状列石(特別史跡)
加曽利貝塚(特別史跡)