五島市久賀島の文化的景観

―五島市久賀島の文化的景観―
ごとうしひさかじまのぶんかてきけいかん

長崎県五島市
重要文化的景観 2011年選定


 五島列島の主要島のうち、西から二番目に位置する久賀島。島の北から中央部にかけて久賀湾が大きく切れ込んでおり、馬蹄状の地形を呈しているのが特徴的だ。久賀湾に面した島の内側は湧き水が豊富であり、複数の河川によって洪積地が形成されている。緩やかな勾配の土地が広がっていることから五島列島では珍しく棚田が営まれており、比較的規模の大きい集落が築かれている。一方で島の外側は山がそのまま海に沈み込む険しい地形であり、特に潮流や季節風の影響を受けやすい西側は急峻な海食崖が発達している。比較的条件の良い浜辺に小規模な集落が散在し、段々畑による耕作や漁業が営まれてきた。このように久賀島では地形や環境に応じて形成された集落景観が良好に残されていることから、島全域が国の重要文化的景観に選定されている。




久賀島の中心である久賀集落に存在する旧藤原家住宅
明治20年(1887年)頃の建造で、福江島の武家屋敷を踏襲している

 久賀島は古くより日本と大陸を往来する船の寄港地であり、霊亀2年(716年)には久賀島の南西部に位置する田ノ浦に遣唐使船が寄港した記録が残されている。江戸時代に入ると西隣の福江島を本拠地とする五島藩に組み込まれ、宝暦年間(1751〜1763年)には田ノ浦に置かれていた代官所が中心部の久賀へと移転し、開拓が推し進められた。江戸時代後期の寛政9年(1797年)、領内の更なる開拓を目指した五島藩は大村藩と百姓移住の協定を結ぶ。大村藩領であった西彼杵(にしそのぎ)半島の外海(そとめ)地域には潜伏キリシタンが数多く、禁教令の弾圧から逃れるべく五島列島の各所に移住していった。久賀島もまたその移住先の一つであり、多くの潜伏キリシタンが信仰の自由を求めて移ってきた。




仏教徒集落でありながら潜伏キリシタンが移住してきた大開集落
移住者は狭い谷筋に住居を構えるなど、住み分けがなされていた

 移住してきた潜伏キリシタンたちは既存集落の縁辺部や、既存集落から離れた場所に集落を築いた。前者の代表例が「大開(おおびらき)」集落であり、後者の代表例は「五輪」集落だ。大開はもともと他集落の家督相続者になれなかった次男や三男による島内移住にって形成された集落であり、外部からの移住者を受け入れやすい土壌があった。島内には既に農業に適した土地がなく、新たな集落の開墾が難しい状態にあったという事情もあり、大開は仏教徒集落でありながら潜伏キリシタンも住むようになった。このように潜伏キリシタンたちは既存の水田の隣に新たな水田を拓いたり、あるいは仏教徒が営んでいた農業や漁業の作業を共同で行うなど、仏教徒と相互扶助の関係を築いて暮らしていった。




禁教期の葺石による墓が残る五輪集落の墓地

 一方で五輪集落は久賀島の外周東側、他の集落とは隔絶された入江に位置している。集落の裏手には江戸時代からの墓地が残されており、禁教期からカトリック復帰に至る墓石形態の変化が確認できる墓地として貴重である。禁教期の墓は小石を葺いただけの質素なもので、墓碑銘などを彫ることはできず近しい親族でしか埋葬者が分からないようになっている。一方で禁教令が解けた後はキリスト教式の墓を作ることができるようになり、伏碑型の墓石に変わっていった。墓地は石積により上下二段に分かれており、そのうち下段の方が古く禁教期のものが多い。上段は比較的新しい墓が多く築かれており、その中央には明治29年(1896年)の銘がある石造の十字架が鎮座している。




明治14年(1881年)建造の旧五輪教会堂
リブ・ヴォールト天井の曲面は船大工の技術を応用しているという

 元治2年(1865年)に長崎の大浦天主堂で「信徒発見」が起きると、久賀島の潜伏キリシタンもまた大浦天主堂を訪れて信仰を表明。それまで潜伏キリシタンを黙認していた五島藩は弾圧せざるを得ない状況となり、禁教令が続いた明治元年(1868年)には狭い屋敷牢に200名もの潜伏キリシタンを閉じ込めて拷問を加える「牢屋の窄(さこ)殉教事件」が発生した。この事を知った欧米国の抗議により、明治政府は禁教令を解くこととなる。潜伏キリシタンたちは次々にカトリックへと復帰し、明治14年(1881年)には久賀島初の浜脇教会が建てられている。昭和6年(1931年)の建て替えにより五輪集落へと移築され、現在も旧五輪教会堂として残されており国の重要文化財に指定されている。




根回り2.19mにも及ぶ大野大椿
久賀島には各所にツバキの巨木が生育している

 久賀島はツバキの島としても有名だ。島内にはヤブツバキの群生地が二箇所ある他、居住地や耕作地の近隣にもヤブツバキが植栽されている。久賀島は季節風の影響を強く受ける環境にあるが、ツバキは他の植物よりも風に強いことから沿岸部に密度の高いヤブツバキ林が形成された。ツバキの木質は固く緻密で均質、木目があまり目立たず摩耗に強いことから家具や工芸品、木炭などに利用されるのが一般的である。しかしながら久賀島を含む下五島地域では昔から種子を絞って油を採り、食用油や整髪油、化粧油などとして利用するのがほとんどであった。その採集に際しても「クチアケ」と呼ばれる採集日を決めて管理し、ツバキの伐採を制限する独自のルールを定めてツバキ林を守ってきた。

2018年05月訪問




【アクセス】

福江島の福江港から高速船で約20分、フェリーで約35分。
福江島の奥浦港からフェリーで約20分。
島内交通はタクシー、乗合タクシー、レンタカー。

【拝観情報】

散策自由(ただし、住民の迷惑にならないように)。
旧五輪教会堂の内部拝観は事前予約が必要。

【関連記事】

小値賀諸島の文化的景観(重要文化的景観)
佐世保市黒島の文化的景観(重要文化的景観)
新上五島町北魚目の文化的景観(重要文化的景観)
新上五島町崎浦の五島石集落景観(重要文化的景観)
長崎市外海の石積集落景観(重要文化的景観)
平戸島の文化的景観(重要文化的景観)
天草市ア津・今富の文化的景観(重要文化的景観)
大浦天主堂(国宝)